仮想化エンジニア奮闘記

Citrix や VMware をはじめ、仮想化に関する最新技術や設計情報の検証結果を共有します。自分が面白いと思ったものを記事にするので一貫性はあまりありません。なお本ブログは個人のものであり、所属する会社とは関係ありません。内容については自己責任の上、ご参照をお願い致します。

vSphere 6.7 / vSAN 6.7 / vROps 6.7 がリリースされました

皆さまお疲れ様です。

 

2018年4月17日、vSphere 6.7がリリースされました

 

今まではvSphere 5.0 → 5.1 → 5.5 → 6.0 → 6.5 と来ていたので、「次はvSphere 7かなー」と思っていたのですが、6.7でした 笑

 

さて、今回のリリースでは下記の製品が6.7系として発表されているようです。

今までバージョンが違って覚えるのに苦労していましたが、足並みがそろいましたね。

vSphere ESXi 6.7 / vCenter Server 6.7

vSAN 6.7

vRealize Operations Manager 6.7 (4/12 Relase vSphereより少し早いです)

 

Release NoteやvSphere Blogから気になる情報をピックアップしてみましょう。

vSphere 6.7 Release Notes

VMware vSAN 6.7 Release Notes

vRealize Operations Manager 6.7 Release Notes

Introducing VMware vSphere 6.7 - VMware vSphere Blog

 

 

◆気になる情報をピックアップしてみた

①vSphere 6.7 がvCenter Server for Windows の最後のリリースになるようです。以降はVCSAのみが提供される形となるかと思います。

 

 

②vSphere Client(HTML5)の機能が強化され、従来のvSphere Web Clientに(機能的に)近づいているようです。VMwareは将来のリリースでvSphere Web Clientを非推奨にする予定です。

 

vSphere 6.7ではvCenterのアドレスにアクセスすると、下記のようにHTML5版が上に表示されます。(vSphere 6.5ではvSphere Web Clientの方が上でした。)

呼び名が「vSphere Client」なので、5.x時代のC#のとごっちゃになりそうですね 笑

f:id:kenta53682:20180419090925p:plain

 

ホーム画面に移ると、Web Clientとほぼ同等の操作が出来そうな印象を受けました。

vSANやUpdate Managerなども操作ができ、通常運用で必要な操作は一通りできそうです。

f:id:kenta53682:20180419091311p:plain

 

ホストおよびクラスタ画面です。ホスト設定もほぼvSphere Web Clientと変わらない感じを受けました。

f:id:kenta53682:20180419165846p:plain

 

HTML5でサポートされていない機能は以下にまとまっています。

Functionality Updates for the vSphere Client

Contents LibraryやVCHAなどが操作できないようですね。

 

 

③VCSA 6.7はパフォーマンスが向上しているとのことです。どのようにパフォーマンス向上しているかというと、、、

 ・1秒あたりのvCenter操作で2倍の高速パフォーマンス
 ・メモリ使用量を3倍削減
 ・DRS関連の操作が3倍高速(パワーオン仮想マシンなど)

 

1点目についてはvSphere Web Client / vSphere Clientを触っていますが、「2倍も早いかー?」という感じです。重すぎてイライラすることはないですが、あまり期待しすぎない方がいいかもしれません 笑

 

 

④vSAN iSCSI TargetでのWSFCサポート

以前の私の記事で記載しましたが、vSAN 6.6.1まではvSAN iSCSI Targetでサポートされているクラスタソリューションは、Oracle RAC(物理)のみでした。

 

kenta-virtualization.hatenablog.com

 

vSAN 6.7ではvSAN iSCSI Targetとして、WSFCもサポートされるようになりました。

しかも、、、

WSFC can run on either physical servers or VMs.

の通り、仮想マシンに対してもサポートがされるようになりました!

 

これは試してみようと思います!

 

 

⑤vSphere ClientにvROpsのダッシュボード統合

vSphere ClientからvROpsのダッシュボード画面が確認できるようになったようです。

というわけで見てみましょう。

 

vSphere ClientでvROpsの画面を見るために、以下のことをやっています。

1) vROpsのデプロイ

2) vROpsのクラスタ作成とクラスタの起動

3) vROpsにおいて、vCenter ServerアダプタとvSANアダプタを設定

vCenterはvROpsの名前解決ができる必要があります。名前解決ができないと、vSphere Client上にデータが表示されません

 

3) が終わった後、vSphere Clientにログインすると下記の画面が表示されます。

おー。環境の概要が分かりますね!詳細はvROpsに飛ばないと分かりませんが、パッと問題が起きているかどうかはvSphere Clientで把握ができます。

詳細を見たい場合は「Quick Links」からvROpsに飛ぶような形になっています。

f:id:kenta53682:20180419164810p:plain

 

「Quick Links」からは赤枠の通り、vCenter以外にvSANの概要も見れます。一番下にはvROpsに飛ぶリンクもあります。

f:id:kenta53682:20180419165110p:plain

 

vSAN Overviewでは問題があるかどうかや、IOPs、スループット、圧縮や重複排除について見れるようです。

f:id:kenta53682:20180419165202p:plain

 

vSAN Cluster Viewでは、vsandatastoreの残り容量やLatencyなども確認可能です。

f:id:kenta53682:20180419165348p:plain

 

※下記の画像のようにvSphere ClientのvRealize Operationsの画面からvROpsをデプロイすることも可能なようです。ただ私の環境ではデプロイ先のクラスターやホスト選択画面でクラスター・ホストがなぜか表示されず先に進めませんでした。

証明書とか名前解決周りが原因かなと思うのですが、画面を見るのを優先したかったのでvROpsは今まで通りデプロイする方法を取りました。

 

vSphere Clientのホーム画面の左ペインから「vRealize Operations」に遷移し、「INSTALL」を実行

f:id:kenta53682:20180419102800p:plain

 

オンラインかオフラインかを選択。オフラインはvROpsのovaファイルを指定

f:id:kenta53682:20180419102940p:plain

 

vCenterの情報を指定して、接続テストを実行

f:id:kenta53682:20180419103820p:plain

 

デプロイ先のクラスタやESXiを選択する画面ですが、ここで先に進めず。。。

時間ができたら調査しようと思います。

f:id:kenta53682:20180419115257p:plain

 

  

それでは本日は以上となります。

ありがとうございました。