仮想化エンジニア奮闘記

Citrix や VMware といったサーバー・デスクトップ仮想化の最新技術や設計情報の検証結果を共有します。(本ブログは個人のものであり、所属する会社とは関係ありません。)

Arcserve UDP vs Veeam!で、どっちがどんなことできんの!?(1)

皆さまお疲れ様です。

 

今回のシリーズでは Arcserve UDP vs Veeam と題しまして、

僕個人の観点で Arcserve UDP と Veeam を比較してみようというシリーズになります。

※結論として「こっちがいい」的な結論は出さないので悪しからず。

 

第1回目は記事というよりは今後の比較項目に移るポータル的な立ち位置となります。

 

ここ10~5年のインフラの傾向として、仮想化→クラウド化という流れが来ていますが、バックアップソリューションもその流れに乗って、

・従来は物理に Windows Agent / Linux Agent を入れてバックアップ

・仮想化の流れを受け、VADPやVSSと連携したバックアップ

・マルチクラウド対応として、クラウドへのバックアップやレプリケーション

 

といった流れになっているのかなと感じています。

私がよく触れる製品として Arcserve UDP・Veeam があり、それらの機能比較をしてみて、この記事を見る方の製品選定の助けになればと思います。

 

~~~~~まとめページ~~~~~

① ライセンス体系

※準備中

 

② 各製品で必要なコンポーネント

※準備中

 

③ エージェントレスバックアップ方式 / バックアップ方式や制約など

※準備中

 

④ バックアップ先に選べるデバイスやバックアップ時の重複排除

※準備中

 

⑤  インスタントリカバリ

※準備中

 

⑥  クラウド連携

※準備中

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

それではこれからよろしくお願いいたします。